古民家宿泊鑑定をスタートしました。

民泊新法施工に合わせて古民家の宿泊施設は加速的に増加して行くことが予測されます。
当法人では、宿泊者が安心して施設を利用できるように、当法人に所属する古民家鑑定士(内閣府認可一般財団法人職業技能振興会認定資格者)が専門の調査項目に基づき鑑定を実施する「古民家宿泊鑑定」をスタートしました。

古民家宿泊鑑定では、法律に適合している施設かをはじめ、建物の安全性並びに日本の伝統的な文化を伝える趣やデザイン性、建物の維持管理および劣化状況の確認、快適に結びつく建物性能や設備について調査を実施し、改善点についてのアドバイスもおこないます。

宿泊施設として適合していると認められた場合は、古民家宿泊鑑定適合マークが発行されます。

古民家宿泊鑑定により、宿泊者が安心して快適に宿泊施設を利用することができ、空き家対策や地域の活性化に繋がると確信しております。

Posted in トピックス.