古民家を修繕しての活用をお考えの方

空き家になった古民家をどうにかしたい、リフォームしたい、移築したい、床下のことで悩んでいる・・・などなど。
古民家を持たれている方には、多くの悩みがあります。

当法人では、まず古民家鑑定をお勧めしております。
古民家鑑定により、修繕箇所が明確になるだけでなく、今後の修繕計画や家歴書を作成することもできますので売買の際にも役立ちます。
また、古民家鑑定をされた方に特に多いお悩み「相続」「片付け」「相談」についても専用窓口をご用意しております。
まずはお気軽にご相談ください。

【当団体がお勧めする内容】
古民家鑑定
床下インスペクション
伝統耐震診断
アドバイザー派遣

 

古民家鑑定

古民家鑑定は、「厚生労働省認可財団法人職業技能振興会」が認定する古民家鑑定士が、築50年以上の古民家を独自の調査項目により目視鑑定するものです。古民家鑑定を行うと、古民家の価値・コンディションなどの鑑定結果が記された「古民家鑑定書」が発行され、主に下記のようなことがわかります。

 

古民家のコンディション

現在の古民家のコンディションが複数の観点から評価されます。これにより修繕すべき箇所や、再生・移築を行う際のポイント、解体することになった際も、古民家に使用されていた材のリサイクルが可能か等の把握が行えます。

予防保全計画

古民家を長く使って頂くために必要なメンテナンスについて記載されます。今後必要になってくるメンテナンスやコストを把握することにより、長く使って頂く上での計画に役立ちます。

家歴書

住宅履歴書とも呼ばれ、住宅の修繕履歴あるいは定期点検の結果などを記録した履歴簿のことです。修繕情報を記録することにより、将来の修繕計画の立案および工事の実行に有益な情報となる他、資産価値の維持にも繋がります。

 

鑑定を行うことで、住む時に気をつけること、リフォームする際のポイント、解体時の注意点などが見えてきます。

 

ご相談はこちら

 

古民家鑑定後のお悩み相談

古民家を活用したい場合に行う「古民家鑑定」
鑑定結果で補修箇所も分かり、安心して古民家に住んだり活用することができます。

古民家鑑定後に売買や賃貸を考える方も多いですが、問題がありなかなか契約できないのが現状です。
よくある問題に「相続」「片付け」「仏壇」の3つがありますが、
全国古民家再生協会では、それぞれの相談窓口で各専門員による対応が可能です。

どの問題も、先延ばしや放置をしていると問題が大きくなってしまいます。お悩みの方は早めに専門窓口にご相談ください!

 

床下インスペクション

床下インスペクションは、古民家床下診断士有資格者がシロアリなどをはじめとした害虫診断を行い、古民家の床下コンディションを調査することです。

床下インスペクションを行うと、古民家床下診断報告書が発行され、床下の状態や手入れのポイント等がわかります。

床下インスペクションのメリット

・現在の床下コンディションが分かり、床下躯体を活かしていく方法が分かります。

・床下評価を数値として算出することで、修繕が必要な箇所や対策が分かります。

・薬剤を使わない防虫対策が出来ます。

・古民家床下診断士が毎年調査を行うので、安心です。

 

ご相談はこちら

 

伝統耐震診断

伝統耐震診断は、古民家等の伝統構法の耐震性能を診断します。

この診断では、交通機関や機械的振動等の社会的活動を原因とする地盤の小さな震動と、それに起因する建物の振動特性値を実測して、耐震の性能評価を行います。

伝統耐震診断のメリット

・診断時間は、およそ1時間程度と通常の静的耐震診断に比べ短期間で耐震診断が可能です。

・伝統耐震診断費用につきましては、診断費(12万円)+交通費(1回分)となります。
※構造・面積などによって変わる場合があります。一度お問い合わせ下さい。

・古民家の一般的静的耐震診断より、費用と時間の軽減につながります。

・伝統構法(古民家)の耐震改修は基本的には容易ではないのですが、専門家による耐震改修工法提案で強度不足の悩みも解消されます。

・伝統耐震診断の結果、耐震改修が必要となり、耐震施工を行った場合には、施工完了後、その効果を数値で確認できます。

 

ご相談はこちら

 

ご相談フォーム





*は必須項目です)

ご相談内容 *
お名前 *
ふりがな *
メールアドレス *
電話番号 *
詳細内容 *

上記の内容で送信する