空き家問題トータルコンサルタント 講習試験のご案内

総務省平成25年住宅・土地統計調査によると全国の空き家総数は約820万戸に上り、住宅総数に占める空き家率は13.5%と過去最高となりました。現状のままでは2033年には空き家数は約2167万戸、空き家率は30.4%に上昇する予測がでており、空き家に係る問題を対応可能な専門家の育成が必要です。
そのような背景から、空き家に係る問題を明確化し、社会問題となっている空き家問題を解決し地域活性化のお手伝いをおこなうことを目的とし「空き家問題トータルコンサルタント」を立ち上げました。

「空き家問題トータルコンサルタント」では、空き家に係る問題を明確化し、社会問題となっている空き家問題を解決し地域活性化のお手伝いをおこなうことを目的とし、有識者と共に全国で対応可能なプラットフォームを確立します。
今後、自治体と連携し、空き家を活用したまちづくりプロジェクトや、空き家を所有している方の相談受付・サポートの窓口としての役目を担います。

講習試験スケジュール

開催日:2019年2月23日 9時~14時
会 場:全国空き家アドバイザー協議会 9階会議室
   (東京都港区北青山2-7-26 LandWork 青山ビル9 階 クロスコープ青山大会議室)
お申込み:講習試験申込書をダウンロードし、FAX(03-6856-4414)にお申し込み下さい。

Posted in トピックス.