ご相続に関するご相談

古民家のトラブル

古民家の相続問題が近年増加しています。
「遠方なので管理できない」「固定資産税がかかって大変」などの理由から、親族同士で押し付け合ったりのトラブルになるケースがあります。

相続した場合、空き家状態で管理ができないまま放置してしまうと「特定空き家」と認定されてしまい、市町村から改善命令が出ますが、この改善命令に従わないと罰金があったり、強制取り壊し(解体費用は所有者に請求)の処分をされてしまいます。

早めにご相談を!

相続の相談はしづらいものですが、そのままの状態にしておくと将来的に解決が難しくなってしまいます。
相続した古民家の活用方法や、相続に関するトラブルなどお気軽にご相談下さい。

相続が発生する前のご相談も受け付けております。
財産の中で不動産は大きな割合を占めることが多く、生前に相続対策のお話をしておくことはとても重要なのですが、「不謹慎」「財産目当てなのか」など、話に応じてくれないケースもあります。
古民家を売却したお金を平等に分けるという方法もありますが、古民家がすぐに売れるとは限りません。

まずは専門窓口に相談してみませんか?
古民家の活用方法や空き家の税金、相続割合など、お気軽にご相談下さい。