2019年7月6日(土)北海道で古民家鑑定実技講習が開催されます。

2019年7月6日(土)に北海道札幌市の北海道開拓の村「旧岩間家農家住宅」で古民家鑑定実技講習会が開催されます。
岩間家は旧仙台藩亘理領(宮城県亘理町)の士族移民団の一員として、明治4年(1871)2月に入植しました。この建物は明治15年(1882)に郷里の大工によって建築され、構造・間取り共に仙台地方の特徴を受け継いでいます。また、旧領主が時おり立寄った由緒ある家でもあります。

本講習は、インスペクションと家歴書を盛り込んだ古民家鑑定書に対応した実技講習です。
地域に残る古民家にて講師からのアドバイスを受けながら実際に鑑定体験していただきます。
鑑定の経験を積み、スキルアップを目指される方は是非ご参加ください。

 

開催場所 北海道開拓の村(北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1)
開催日 2019年7月6日(土)
開催時間 13:30~15:30(受付:13:00)
参加費 1名 5,000円
※会員の方は無料でご参加頂けます。
※会員とは、社)全国古民家再生協会各支部の一般会員もしくは、事業者会員として登録されている方を指します。
※別途、北海道開拓の村入村料(830 円)が必要です。
持参物 筆記用具・デジカメ・メジャー・懐中電灯・方眼紙・バインダー・古民家鑑定調査票等
お申込み 実技講習お申し込み書をダウンロードいただきFAX( 011-783-5442 )でお申し込み下さい。
お問い合わせ・連絡先 (一社)北海道古民家再生協会
Posted in トピックス.